コーリーワクチン - 癌(がん)の温熱治療、免疫療法の乾がん免疫クリニック

昭和62年開院、29年の経験と実績の乾がん免疫クリニック。当院の癌免疫治療は、大阪・神戸・東京で受けることができます。
0120-462-130



コーリーワクチン

ワクチンにより高熱をおこし、その熱と活性化された免疫でがんを退縮・消失させる治療法です。

コーリーワクチン

治療法

高熱と活性化した免疫によるがんの退縮、消失の歴史

1890年 Dr.ウィリアム コーリーは、ニューヨークがんセンター(今のメモリアルスローンケタリングがんセンター)の若い外科医として勤務していました。彼の最初の患者さんは、右前腕に悪性の骨肉腫を持った17才女性でした。明らかな転移がない為、彼女は右前腕切断手術を受けましたが、不幸にも約2ヵ月後に亡くなってしまいました。

Dr.コーリーはこのでき事に深い衝撃と悲しみを受け、他の悪性肉腫の患者さんの記録を調べ、もっと良い治療がないか探し始めました。
そして1人の移民の患者さん、左顔面に卵大の癌(肉腫)を持った人の記録に行きあたりました。患者さんはそれまで2回手術を受けたのですががんは再発し、しかもその傷が化膿してきていたのです。だれの目にも彼のがん(肉腫)が治る見込みのない状態の中で、やがて彼は高熱を発し、菌はstreptococcus pyogenesであることが判明しました。
当時、この菌を殺す抗生物質はなかったのです。 しかしながら驚くべき事に、高熱とともに傷が良くなり、またがん(肉腫)が小さくなりついには完全に消えてしまったのです。

Dr.コーリーはこの事実に注目し、歴史上がんが明らかに自然に退縮、消失していったケースを調べていきました。この奇跡的な事実に共通しているのは“高熱”なのです。急性感染症たとえば丹毒、マラリア、麻疹、インフルエンザ、水痘、梅毒等により引き起こされた高熱が、決定的な役割をはたしているという事実なのです。しかも週の単位でがんが退縮、消失してしまうという奇跡的なでき事でもあります。


コーリーワクチンの開発に成功

1891年、Dr.コーリーは1人の患者さん(ボランティア)を得ました。 患者さんは両頭部、咽頭にがん(肉腫)を持っており、手術したにもかかわらず、がんは再発し急速に大きくなってきていたのです。Dr.コーリーは患者さんの同意のもと、生きている菌streptococcusの培養液を患者さんに注射し、その結果高熱とともにがんは完全に消失してしまったのです。

しかしながら当時は抗生物質がなく、生きた菌を患者さんに使用するのは本当に生か死かのギャンブルでもあったのです。その為、Dr.コーリーはその後、完全に殺菌、消菌した2つの菌Streptococcus pyogenesとSerratia marcescensからなる有名なコーリーワクチンの開発、製造に着手し、成功したのです。

コーリーワクチンは生きた菌を使わないので発病せず、しかしながら発病したのと同じ様な著明な効果を得る事ができる、文字通り歴史的なワクチンです。

治療効果

効果のメカニズム

  1. 著明な免疫機能の上昇
    ・インターロイキン1.2.6.8.10.12.18産生
    ・ガンマインターフェロン産生
    ・マクロファージ刺激因子とTNF産生
    結果として、ヘルパーT細胞がキラーT細胞マクロファージの著明な増殖、成熟、活性化を起こす。
  2. 腫瘍組織に炎症を起こす
    コーリーワクチン注射後すぐに腫瘍組織に炎症が発生し、腫瘍内に滲潤している白血球(Tリンパ球、マクロファージ、NK細胞、Bリンパ球、好中球等)の本来の防御機能を再活性化し、腫瘍を破壊する。
  3. 骨髄を刺激する事により起こる著明な白血球増多

効果

コーリーワクチン投与を受けた手術不可能のがん患者さんの5年生存率は、下記の通り驚くべきものがあります。

手術不可能のがん患者さんの5年生存率

乳癌・・・65%
大腸癌、直腸癌・・・46%
悪性黒色腫・・・60%
卵巣癌・・・67%
子宮癌・・・73%


5年生存率

同様に10年生存率に関しては下記の通りです。

手術不可能のがん患者さんの10年生存率

腎癌・・・33%
卵巣癌・・・55%
肉腫(悪性)・・・50%


10年生存率

副作用について

高熱に伴う一般症状です。
たとえば悪寒、発熱、発汗、心拍数の増加、頭痛、筋肉痛などが認められます。
また、時に貧血、低ナトリウム血症の報告が認められています。腫瘍が急速にこわれて起こる腫瘍溶解症候群も、他の治療法と同様に可能性はあり得ます。
またきわめてまれながら、昏睡死亡のケースが、1930年までに施行された例で報告されています。

治療の流れ

・1クール 30回
・1回、約7時間の治療時間が必要です。
・1週間2〜4回の治療が必要です。

治療費

ページのトップに戻る